設備紹介

駐車場 エントランス 待合室 中庭 受付 第1診察室 第2診察室 第3診察室 診察準備室 薬局 検査室 処置室 集中治療室(ICU) レントゲン検査室 CT検査室 CT操作室 画像診断室 手術室 細胞培養室 入院室 運動場  カンファレンス室  書庫室

駐車場

普通車18台以上駐車可能です。
余裕をもたせてラインを引いてありますので、運転の苦手な方でも駐車はしやすいと思います。

ページの先頭へ

エントランス

動物たちの脱走防止のため、押しボタン式の自動ドアとしてあります。

ページの先頭へ

待合室

大型犬から小型の動物までご利用いただける床式体重計を設置しています。
お気軽に体重チェックにいらしてくださいね。

お茶とコーヒーはご自由にお飲みください。

ページの先頭へ

中庭

 

ページの先頭へ

受付

診察前あるいは検査の待ち時間などが長くなりそうな場合、外出等していただくことも可能です。何かご要望等ございましたらスタッフまでお気軽にお申し付けください。

ページの先頭へ

第1診察室

主に小型動物の診察に用いています。
壁面設置した医療用高精細モニターにはレントゲンやCT、エコーなどの各種検査画像を表示し、飼主様への説明時に用いています。

ページの先頭へ

第2診察室

爪切りや毛玉とり、肛門腺絞りなどの簡易処置や椎間板ヘルニアや外傷時の温熱治療(近赤外線、レーザー処置)、超音波(エコー)検査を行う際に用いています。

犬の僧帽弁閉鎖不全症のカラードップラーエコー検査画像(血液の流れる方向に色をつけることで、僧帽弁逆流が逆流モザイクパターンとして表示されています。血流・逆流の速度や心臓内構造物のサイズ計測等の結果により、重症度判定や適応薬物の選定を行っています。

ページの先頭へ

第3診察室

主に大型動物の診察に用いています。

ページの先頭へ

診察準備室

診察時に用いる様々な小物、眼科器具(スリットランプ、検眼鏡、眼圧計、眼底鏡等)、耳科器具(検耳鏡、イヤーウォッシュシステム等)、顕微鏡、心電図、心音図、血圧計、その他をいずれの診察室からもすぐに利用できるように設置してあります。注射液の準備もここで行います。

ページの先頭へ

薬局

飼主様にお渡しする内用薬や外用薬、さらには処方食やサプリメント、シャンプー類などの準備を行う部屋です。

薬局

分包器

ページの先頭へ

検査室

血液検査機器や尿検査機器等が設置してあり、ここで検査を行っています。
血球計算、血液生化学検査、血液凝固系検査、血液ガス検査、犬CRP検査、各種ウイルス・フィラリア・寄生虫検査、血液型検査、尿一般パネル検査、尿比重検査、尿沈渣検査、尿中微量アルブミン検査等が実施できます。

血液生化学検査機器

血球計算機器

ページの先頭へ

処置室

処置室中央には、シャワー付処置台が設置してあり、入院患者様の治療や歯石除去処置、患部の洗浄処置等に利用しています。また、この処置台は天板をはずして、シャンプーやマイクロバブル、水中トレッドミルが行えるようになっています。

マイクロバブル

薬浴
ミクロの泡が毛穴の奥まで入り込み、ニオイのもととなる毛穴の奥にたまった汚れや、皮膚の表面に付着した老廃物を強力に除去します。そのため、刺激の強いシャンプーなどを使わなくても、身体から出るフケやアカを減少させ、ニオイを根元から緩和させます。
さらに、身体を泡の力できめ細やかに洗浄しますのでこすり洗いも基本的に不要なため、皮膚の弱い患者様にも安心の設備です。当院では、普通のシャンプー処置と併用したり、アレルギー疾患やその他皮膚のトラブルを起こしやすい患者様の治療補助として利用しています。特にアトピー性皮膚炎の患者様の場合には、毛穴の奥に入った花粉等のアレルゲン物質を除去することで減薬や休薬できる場合もあり、有用と考えています。また、頑固な脂漏症にも有用です。

水中トレッドミル(ハイドロセラピー理学療法用バス)
水中での浮力を利用しての歩行訓練に利用します。具体的には、椎間板ヘルニアや骨折・脱臼、股関節異形成等の疾患時に、筋肉退化防止を目的にリハビリテーションの一環として利用しています。また、老齢時の筋力アップや肥満時の運動補助・ダイエット(肥満時に通常の運動療法を適応すると足腰に負担がかかって関節炎等が悪化する場合があるため、浮力を利用した本方法で足腰の負担を減らした状態で運動療法をします。)にも有効です。その他、心肺機能強化や血流血圧正常化といった作用もあるとされています。水流負荷を調節することで、個々の患者様に合った負荷状態でトレーニング、リハビリテーションを行うことが可能です。

ページの先頭へ

集中治療室(ICU)

小型動物から大型動物まで対応可能なICU(温湿度管理高濃度酸素集中治療室)です。酸素吸入やネブライザー(吸入治療)装置としての機能を利用し、重症患者様や術後患者様の治療に用いています。必要に応じ、心電図モニター、動脈血酸素飽和度モニター等も合わせて利用します。
スタッフが離れていても目が届きやすい場所に設置してあり、患者様に変化があった場合でも迅速な対応が可能です。

ページの先頭へ

レントゲン検査室

レントゲン検査は体内の形態的異常を診断したり、治療経過の観察に利用するなど、とても大切な検査です。場合により、造影剤(バリウムが代表的ですね。)を投与して消化管や循環器系、泌尿器系、脊髄などの状態を詳細に観察・診断することも行っています。
現在はFCRシステム(フジコンピューテッドラジオグラフィーシステム)を導入しております。いわゆるデジタルレントゲンですが、濃淡やコントラストを自在に調整できることから従来のフィルム撮影よりも撮り直しが少なくなり、患者様の被曝量の低減化にも役立っております。拡大縮小も思いのままで小さな病変の確認にいまやなくてはならないものとなりました。撮影された画像は、各診察室や、手術室、画像診断室へサーバーを介して転送が可能で、飼主様への説明時や複数の獣医師での診断時に役立っています。

ページの先頭へ

CT検査室

最薄0.5mmスライスの画像取得が可能な4列マルチスライスヘリカルCTスキャナが設置してあります。
CT検査により、従来のデジタルレントゲンでは診断できなかった病変も描出することが可能です。
さらに、3D画像解析や仮想内視鏡などといった様々な画像解析を実施することにより、より正確な画像診断、飼主様が理解しやすいインフォームド・コンセント用画像の作成が行えます。

腰部椎間板ヘルニア

気管支内の仮想内視鏡画像

また、手術室の一角にCTを設置したことで、手術中や生検(バイオプシー)時におけるCT利用が容易な配置になっており、より正確な処置が可能となりました。
術中ナビゲーションとしての利用や、従来は手術でしか採取不可能であった部位の非観血的組織採取におけるガイドとしての利用等、様々な面で役立っています。

採取した組織を病理検査することで、腫瘍の種類、良悪性等の情報が得られます。治療方針(手術、抗がん剤、放射線療法、免疫療法等)の決定には重要な検査です。

ページの先頭へ

CT操作室

CT操作を行う部屋です。窓越しにCT検査室の状況が確認できるので、常に患者様を見守った状態で検査を行っています。当然、患者様の麻酔モニター情報や人工呼吸状態も把握できるようにしてあります。
胸部撮影時は数秒間息どめをしていただくことになりますが、それらの呼吸管理も人工呼吸器をここから遠隔操作することで可能となっており、スムーズな撮影が可能です。
造影剤注入装置のコントローラーもここに設置してあり、撮影タイミングに合わせた造影剤注入をここから遠隔操作で行っています。

造影剤注入装置コントローラー

ページの先頭へ

画像診断室

CT、レントゲン、エコー、内視鏡、腹腔鏡、X線透視等のすべての画像データをここで観察、診断、編集できるようにしてあります。動画や静止画データを検査・処置をご依頼いただいた獣医師の先生にお渡しできるように加工したり、ワークステーションを使用して、CT3D画像やCT仮想内視鏡画像等、診断用もしくはインフォームド・コンセント用画像を作成することも行います。
当院では、Mac(Osirix)とWindows(AZE Virtual place)両方のワークステーションを導入しておりますので、ご依頼いただいた獣医師の先生がご使用のPCに合わせて、MacでもWindowsでもビューアーソフトごと検査画像を書き出せます。ご自身の病院に検査画像を持ち帰って飼主様にご説明していただくことが可能です。

ページの先頭へ

手術室

手術は患者様には大きな負担となります。しかし病気によっては手術でしか治らない場合もあります。
患者様の命を預かる手術時には様々な麻酔機器、手術機器等を細心の注意で監視し、取り扱って手術に臨んでいます。

創外固定法を実施した大型犬の前腕骨粉砕骨折症例

骨プレート固定を実施した小型犬の前腕骨骨折症例

脊髄減圧術ならびにプレート固定を実施した脊椎骨折・脱臼症例

腰部椎間板ヘルニア減圧手術

頚部椎間板ヘルニア減圧手術

眼科手術や神経手術などのマイクロ手術の場合には、正確な作業のために手術用顕微鏡を利用しています。

手術台は内視鏡ならびにCアーム対応のものを導入しています。
したがって、内視鏡検査・処置時の体位変換が容易です。内視鏡本体は様々なサイズの動物、部位、用途に対応するため細径タイプ(気管用)から長いタイプ(上部消化管用、下部消化管用)までを設置するとともに、内視鏡下処置用鉗子なども各種取り揃えています。

移動式CアームX線透視装置をセッティングすれば、検査時や術中にリアルタイムなレントゲン動画を得ることができます。

よって骨折手術では正確性が向上し、場合によっては非開創・低侵襲な手術も可能です。また門脈シャントや血栓症等の血管手術、循環器分野における透視下での検査・治療にも役立っています。

サブトラクション機能付きなのでインターベンション治療の際にも利用しやすく、現在獣医療においても発展著しいカテーテル治療などのより侵襲が低い治療の実施には必須の装置です。

天井にはフレキシブル大型スレーブモニターが設置してあり、

・麻酔モニター情報や人工呼吸状態表示(手術室内の全員がどこからでも生体情報を把握できるようにするため)
・術中参照画像としてレントゲンやCT画像等の表示(これらの画像を参考に手術を行います)
・手術用顕微鏡、内視鏡、腹腔鏡、CアームX線透視装置使用時の画像表示(術者、助手双方が無理なく見やすい位置に画面を移動することで作業効率、正確性が向上します。)

上記のような様々な画像表示ができるようになっています。手術の安全性、正確性、作業効率の向上に役立っています。

ページの先頭へ

細胞培養室

細胞培養時に欠かせないクリーンベンチ(無菌作業台)、インキュベーター(培養時に用いる恒温槽)、遠心分離器(細胞の回収時等に使用)、倒立位相差顕微鏡(細胞の観察、カウントに使用)等が設置してあります。
ここで免疫細胞や幹細胞を培養し、がん免疫療法や再生医療(幹細胞療法)に使用しています。

ページの先頭へ

入院室

動物病院ではケージ内で患者様に入院していただくことになります。温度管理はもちろん、患者様の性格に合わせた部屋割りや部屋作りに気を配っています。当院では小型動物用から大型動物用まで計17部屋を用意しています。

ページの先頭へ

運動場

お預かりしている患者様の気晴らしの場所です。
定期的に消毒し、衛生管理には特に気を配っています(そのためにあえて土ではなくコンクリートの床としてあります)。
どうしても土の上や草むらでないと落ち着いて排泄できない患者様の場合、院外に散歩に連れ出しますが、その場合はリードを2本装着するなど、脱走・逃走対策に気を遣っています。

ページの先頭へ

カンファレンス室

当院内での症例検討はもちろん、他院や大学の先生方を交えて勉強会・症例検討会を行う際に利用しています。大型シャウカステンと液晶モニターを設置してありますので、レントゲンやCT、MRIフィルム等お持ちいただいても大丈夫ですし、PC(mac、windows両対応)によるプレゼンテーションでも大丈夫です。

ページの先頭へ

書庫室

日々更新される最新の教科書類やテキスト類、獣医学雑誌、動物看護雑誌、勉強会・症例検討会や学会の資料、DVDなどの映像教材等を順次こちらで保管するようにし、過去の記事も含めていつでもスタッフ全員が参照できるようにしてあります。経験の浅い獣医師や看護師の院内教育にはなくてはならない当院の大切な財産です。

ページの先頭へ
お問い合わせ・ご相談はお電話でお気軽にご連絡下さい。 058-242-0012

新着情報

一覧を見る

2017/04/03

フィラリア狂犬病ワクチンまだおすみでない方はいわた動物病院まで

アクセス


大きな地図で見る
〒501-3133
岐阜県岐阜市芥見南山3-5-10

詳しくはこちら